豊一豊田青果株式会社

電話番号0565-31-3232
メニュー

会社案内

代表者メッセージ

豊一豊田青果株式会社は、豊田市公設卸売市場の中にあります。
この豊田市公設卸売市場は、昭和57年4月に豊田市が愛知県卸売市場整備計画に基づき建設されました。そして、当社もそれに合わせて設立し、現在に至っています。
商品の供給圏は、豊田市および豊田市に隣接するみよし市、岡崎市、名古屋市等、広範囲に渡っています。
現在の食品流通を取り巻く環境は、「消費構造の多様化」や「流通経路の多元化」とともに大きく変化してきました。“食の安全”を第一に、安全で安心できる青果物の安定供給に取り組み、時代とともに変化する流通の中で柔軟に対応し、新たな展開を目指して挑戦しています。

経営理念

我が社の使命は安定した青果物の供給にあり、日々変化する状況に柔軟に対応し、消費者に安定した供給を行うことにより社会的に貢献します。
また、地場産青果物の育成に日々努力をし、すべての青果物において安心で安全な商品を消費者に届けます。
同業者とのネットワークを活用し、情報交換することで、産地の信頼を得、自社のこれからの発展に結び付けていきます。
私たちの役割は、生産者と流通、小売、消費者の中継地点として、商品を流通させることだけにとどまりません。小売・消費者へ向けた生産情報や生産者に向けた消費トレンド、消費者の動向など様々な情報網を整備し、効率的かつスムーズに商品を流通させる仕組みの創造など、双方向的なビジネスの活性化を実現させていくことも大きな課題のひとつです。

会社概要

生産地で収穫される野菜や果物などの青果物を消費地のスーパーや八百屋さんに仲介する業務を行っています。生産地では日々多種多様な青果物が収穫され、消費地に向けて次々と出荷されます。その際、青果物を適正な価格で消費者に提供するために、双方のニーズを汲み取りながら円滑に提供する役割を担っています。

会 社 名 豊一豊田青果株式会社
住  所 〒471-0048
愛知県豊田市高崎町兼近70番地 豊田市公設地方卸売市場内
電  話 0565-31-3232(代)
F A X 0565-33-4156
設  立 昭和55年12月
資 本 金 5000万円
代 表 者 都築保彦
従 業 員 27名(男23名 女4名)
取 扱 高 4101百万円(H30年度)
平均年齢 35歳
取 引 先 JA愛知経済連 宮崎経済連 全農青森 全農三重 他

当社へのアクセス方法

公共交通機関 地下鉄東山線「伏見」駅で鶴舞線に乗り換え、または、桜通線「御器所」駅で鶴舞線に乗り換え 名鉄豊田線「豊田市」駅で下車。
豊田市駅からバスで星ヶ丘・豊田線[新屋経由]に乗車し「汐見町」下車徒歩5分
バ  ス 地下鉄「赤池」駅下車、バスで豊田市行き「汐見町」下車徒歩5分
または「豊田市」駅より赤池駅行きバスで「汐見町」下車徒歩5分
自 動 車 名古屋方面より、国道135号線から県道520号線を利用
東名高速道路「三好インターチェンジ」より約4km 約8分
東名高速道路「豊田インターチェンジ」より約5km 約9分

取引先リンク集

JAあいち経済連http://www.ja-aichi.or.jp/main/

JAあいち豊田http://www.ja-aichitoyota.or.jp/

豊田製氷給食事業協同組合http://tsk285.sakura.ne.jp/

豊田市公設卸売市場HPhttp://www.toyota-oroshiurishijou.com/index.cgi