豊一豊田青果株式会社

電話番号0565-31-3232
メニュー

ブログ

2020/10/01

こちらにも、かぐわしい香り

秋の味覚の王道の松茸が、豊一豊田青果に届いています。先日紹介した松茸は長野県産で、今日の松茸は岩手県産のものです。長野県がもっとも出荷量が多いようですが、岩手県も産地として有名。この香りを感じて、松茸ご飯、土瓶蒸し、贅沢に焼き松茸、どの料理で食べようか迷いますね。松茸は、日本ではキノコの最高峰ですよね。きっと満足いただけると思います。日本人なら、秋の味覚の王道を食べたいですね。

コメント0件
2020/09/22

柿といえぱ奈良県

昔から俳句に詠まれるほど奈良は柿が似合う県ですね。その奈良県から、たねなし柿が豊一豊田青果に届いています。中谷早生(なかたにわせ)という品種で、極早生です。甘くて果汁も多くたねがないのが特徴です。朝晩と過ごしやすくなってきました。今年の柿は、甘みもたっぷりでお値段も平年並みのようです。秋の味覚を代表する柿もどんどん入荷してきます。ぜひ、味わってくださいね。

コメント0件
2020/09/17

新生姜の目揃え会が開催されました

9月15日の午後、豊田市公設地方卸売市場の青果卸・豊一豊田青果で、新生姜の目揃え会がおこなわれました。参加者したのは、農ライフの会メグリア部会の皆さんです。
同部会からの新生姜の出荷は今回が初めてです。一袋に約300グラムを詰めて、メグリア各店の店頭に並びます。甘酢漬けにするととっても美味しそうですよね。地元産の新生姜をぜひどうぞ。

コメント0件
2020/09/10

みかん大国から爽やかな香り

愛媛県と言えば思い浮かぶ有名なものは、やっぱりみかんですよね。今日は、全国トップクラスの生産量を誇る愛媛県からの露地みかんが豊一豊田青果に初入荷しました。石垣に覆われた段々畑で太陽をいっばい浴びて育った宇和島みかん。これから入荷が続きます。今の時期は、極早生でみずみずしく爽やかな酸味で果肉も柔らかく、残暑に食べるにはもってこいですよ。

コメント0件
2020/08/31

今まさに旬シリーズ!

お待たせしました。今日は、「今まさに”旬”シリーズ」からの始まりです。と言うわけで、はるばる青森県から豊一豊田青果に入荷していたりんご2種類のご紹介です。
黄色い皮が目印の「きおう」と、長野県だけじゃないよ「シナノレッド」です。「きおう」は、酸味が弱めで、甘さが強い傾向があります。対して「シナノレッド」は、やや酸味が強く、甘酸っぱい感じです。
市内のスーパー等でお買い求めいただけます。思い切って両方買って、食べ比べしちゃいましょう。

コメント0件
2020/08/13

なんということでしょう

本日は山梨県笛吹市から出荷されました“シャインマスカット”を紹介します。
その名も“匠の葡萄”。綺麗な箱の中には、これもまた宝石のように綺麗なシャインマスカットが詰まっています。薄い皮ごと食べられ、しかも種なし。一口噛めば、甘い果汁と上品な香りが、果肉から溢れ口中に広がっていきます。
産地である山梨県笛吹市は、日本の中でも有数の高品質フルーツ産地です。その中で、腕利きの生産者…まさに匠の方々によって作られたのが、この匠の葡萄なんです。
匠の一品、極上の果実を、是非味わってみてくださいね!

コメント0件
2020/08/11

あふれ出る涙を止めることができません…

お待たせしました。あの感動巨編シリーズが、満を持して開幕です。
豊一豊田青果に、北海道から玉ねぎが入荷しました。その玉ねぎと言えば、涙。切った時に涙が出てくるのが新鮮な玉ねぎの証です。あ、だからと言って店頭で切って確認したらだめですよ!ちなみに、ゴーグルをしても涙防止にはあまり意味がないみたいです。
市内のスーパーなどでお買い求めいただけます。今日は新鮮な玉ねぎ料理にして、感動の涙を流してみませんか?

コメント0件
2020/08/08

スイカ前線は東北に到着しています

長い梅雨が明け、暑い夏がやって来ました。スイカがとても美味しい季節です。気付けば、3月下旬に熊本県産スイカから始まった当市場のスイカの入荷は、5月下旬に愛知県産、6月上旬に豊田市産と続き、今は山形県産など東北に産地が移り、豊一豊田青果、愛知県中央青果に次々と入荷しています。実は山形県産スイカは取扱金額で当市場の入荷の30%を占め、地元愛知県産を抜いて1位なんです。
山形といえば、先日の豪雨でスイカ畑の被害をニュースでご覧になられた方もいらっしゃると思います。一部被害はありましたが、全体として出荷は順調に行われています。
暑いこの時期に、山形県産のスイカを食べて被災地の応援をしていただけると嬉しいです。地元のスーパー等でお買い求めいただけます。よろしくお願いします。

コメント0件
2020/07/25

もう、秋の味覚の紹介です

まだ、この地方では梅雨があけていませんが秋の味覚「マツタケ」が豊一豊田青果に届いています。この時期のものは中国産ですが、輸送技術の発達した現在では新鮮なままです。キノコの王様、秋の味覚の王様のマツタケは、いろんな料理ができますよね。お値段も国産よりはお手頃なところが魅力。市場は、もう秋の気配です。一足早い、秋の味覚はいかがですか。

コメント0件
2020/07/16

キノコのエリート品種です

JAみなみ信州から玉白茸が豊一豊田青果に届いています。かなりの大きさでエリンギのような形。バイリング(アワビタケ)とエリンギを掛け合わせて作られたそうです。食感がアワビに似ていると表示があるので、いろいろな料理ができますね。キノコ栽培が盛んな信州から届きます。アワビのようなコリコリしたキノコを楽しみたいですね。いかがですか。

コメント0件
2 / 41234
2022年8月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント