豊一豊田青果株式会社

電話番号0565-31-3232
メニュー

ブログ

2021/01/30

トマトの極です

真っ赤な野菜と言えば、トマトがすぐに思い浮かびますよね。温暖な渥美半島で育った甘いトマトが豊一豊田青果に入荷しています。この極(きわみ)トマトは、長い時間をかけて樹上で育つので、とても美味しくなります。甘くて果肉が固くて日持ちするので、料理もいろいろ使えるのでお薦めです。JA愛知みなみでは、丸玉トマトにも力を注いでいて、出荷が減る厳しい冬季も出荷がある産地です。トマトは、リコピンたっぷりです。これから、まだまだ寒い日がつづきますので、体も元気にしてくれるトマトも食べましょう。
コメント0件
2020/12/26

市場の中はお正月モード

お正月も間近に控え、門松がたくさん入荷しています。毎年、岐阜県関市から豊一豊田青果に届き圧巻です。最近では、あまり見かけることも少なくなりましたが、この門松は日本のお正月を実感します。日本の風習を大切にしたいですね。

コメント0件
2020/11/21

いちごの季節がやってきました

もうすぐクリスマス。クリスマスに欠かせないのは、やっぱりいちごケーキですよね。JAあいち豊田いちご部会から豊一豊田青果に、「とちおとめ」と「あきひめ」いちごが届きました。いつもより少し遅い入荷で、売買参加者もやってくるのを待っていました。特に地元産のいちごは、和洋菓子屋さんに重宝されています。甘い香りで真っ赤ないちごは、子どもたちも大好きな果物です。これから6月頃まで入荷しますので、ぜひ地元産のいちごもたくさん食べてくださいね。

コメント0件
2020/11/16

愛媛から千両箱が届きました

当市場に千両箱が並びました。それは、豊一豊田青果に届いた愛媛県の日の丸「千両」ミカンの箱です。高級感漂う、まさに千両箱に入っています。JAにしうわのプレミアムミカンは、太陽の光、海から反射する太陽光、段々畑の石垣から反射するたいようこの3つの太陽を浴びて育っています。美味しいこだわりミカンは、なかなか店頭に並びませんが、出会った時にはぜひ購入して味わってくださいね。

コメント0件
2020/11/02

情熱の赤

”赤”と言えば、皆さん何を連想されますか?そうですよね~、仰るとおり、りんごですよね。そんな訳で今日もりんごなんですが、あの「おいらせ」が豊一豊田青果に入荷していましたので、ご紹介します。
「おいらせ」と言えば、生産量が少なく知る人ぞ知る品種なんですが、適度な歯ごたえと甘さ、そしてなんと言ってもこの鮮やかな色が特徴のりんごとなっています。
まだこれから出回るとのことなので、お店で見かけたら是非購入して情熱の炎に焼かれてくださいね。

コメント0件
2020/10/17

これ、ほしい~

と言うわけで、今日は干し芋のご紹介です。食欲の秋と言えば、その代表格はやはり何と言っても干し芋ですよね。
さて、干し芋と言えば、ビタミンE、カリウム、鉄分、マグネシウムや食物繊維などが豊富で栄養価が高く、健康に良い食べ物です。ただし、カロリーや糖質が比較的高いので、美味しいからと言って食べ過ぎにはご注意くださいね。
市内のスーパー等でお買い求めいただけます。今日のおやつは、干し芋で決まりですね。

コメント0件
2020/10/15

秋の味覚が続々です

貴重な天然キノコ「香茸(こうたけ)」が豊一豊田青果に届いています。岩手県産のキノコです。香茸は、その名の通り、香りがとてもよく乾燥させるとまるでしょうゆのような香りがします。なかなか手に入りにくいようですが、和食洋食にも使われる人気のキノコですよ。

コメント0件
2020/10/03

岩手県から秋の味覚が届いています

いつの間にか10月になりました。今年もあと3か月。新型コロナウイルス対策に忙殺されているうちに、どんどん季節が過ぎて行きますね。
さて、今朝は豊一豊田青果に岩手県から立派なキノコが入荷していました。老茸(ろうじ)と舞茸(まいたけ)です。
老茸はクロカワとも呼ばれ、炙って醤油をつけて食べるととても美味しいきのこです。老茸も舞茸も天然ものです。とっても美味しそうですよ

コメント0件
2020/10/01

こちらにも、かぐわしい香り

秋の味覚の王道の松茸が、豊一豊田青果に届いています。先日紹介した松茸は長野県産で、今日の松茸は岩手県産のものです。長野県がもっとも出荷量が多いようですが、岩手県も産地として有名。この香りを感じて、松茸ご飯、土瓶蒸し、贅沢に焼き松茸、どの料理で食べようか迷いますね。松茸は、日本ではキノコの最高峰ですよね。きっと満足いただけると思います。日本人なら、秋の味覚の王道を食べたいですね。

コメント0件
2020/09/22

柿といえぱ奈良県

昔から俳句に詠まれるほど奈良は柿が似合う県ですね。その奈良県から、たねなし柿が豊一豊田青果に届いています。中谷早生(なかたにわせ)という品種で、極早生です。甘くて果汁も多くたねがないのが特徴です。朝晩と過ごしやすくなってきました。今年の柿は、甘みもたっぷりでお値段も平年並みのようです。秋の味覚を代表する柿もどんどん入荷してきます。ぜひ、味わってくださいね。

コメント0件
1 / 3123
2021年3月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント